ということで、資格を色々とるところですね。インプットをアウトしただけでは、インの質を高めているだけで、外部から認められるインではないのです。インをさらに定量的に評価したいのであれば様々な資格をとることをお勧めします。

 

人生死ぬまでインプット。

 

さて、国家試験といわれているもの

国家ではないけど、団体がだしているもの

各ベンダーだったりリーダー的企業が出しているもの

もうユーキャンの常連客になれそう。

 

こんな区分でとっていきたいと思います。

 

国家試験

会計士

企業の経理を担当し、報告資料を作ったりアドバイスする人ですね。こちらもどんだけ難しいのか。失礼ではありますが、私の会社を過去に担当した会計士という方は金を払うの対価のないぐらい無能な人でしたね。あんなもんなら俺も資格とれるんじゃないか、っていうのが今の感想ですw

宅建

不動産の取引をする人ですね。こちらは多くの方がもっているようです。どんだけ難しいのか、ちょいとチャレンジ。これあると、不動産売買してフィーとっていいんですよね。

弁護士

法の場に立って弁護する人ですね。これは難しでしょう。

調理師

調理をする人ですね。どんなものが調理できるかというテクニックよりも、衛生上安全な食べ物をお客さんにだすための知識みたいなところがメインですね。 調理師がタグされているブログ|調理師に関するページ

どんな指標かわかりませんが、ここにて国家試験の難易度がのっています。
http://shikaku-fan.net/national_qualification_rank.php

団体主催試験

漢字検定

一時期ブームでしたね。今もかな。だいぶ儲けたみたいで。ちょっとチャレンジしてみたい。

 

ベンダー主催試験

マイクロソフト

マイクロソフトの製品を使ってソリューションを提案したり。

Google

Googleの商品やソリューションを扱う力を試されます。

AWS

AWSの商品やソリューションを扱う力を試されます。

Salesforce

Salesforceの商品やソリューションを扱う力を試されます。

Hubspot

Hubsopotの商品やソリューションを扱う力を試されます。

Oracle

Oracleの商品やソリューションを扱う力を試されます。

広告