最近興味がある職業は「鍵師」。単純にこの前家の鍵が動かなかったから。

錠前(錠)とこれを開く鍵を製作する者を錠前師(じょうまえし)、また各種錠前の機構を理解した上で、これに対応する鍵を用いずに器具等で開錠するための専門技能を持つ職能者を鍵師(かぎし、lock-smith)[3]と称する。

とのことです。(参照元: Wikipedia

どうやったら鍵師になれるんだろう。

鍵師になるには、まずは鍵の専門店に就職するか、鍵師の養成学校などで学ぶなどして、技術を習得します。
※技術を習得するための養成校や講座の期間は数ヶ月~数日間や数時間などが多い。基礎技術だけならそれほど多くの時間は必要ありません。

知識と技術を身につけた後は鍵関連企業、鍵屋さん等で働きながら経験を積みます。半年から一年程度の短期間で鍵師としてのある程度の力はつくそうです。

とのことです。(参照元: 職業ガイド

なんか資格がないと営んではいけないような感じでしたが・・なんと

鍵師として活動するために必要な鍵師の資格などはありません。
そのため、無資格でも作業は可能で、鍵を開ける能力があれば、全く問題はありません。

だそうです。(参照元: 職業ガイド

え・・そうなんだ・・

また同じ参照もとから、鍵師は飽和状態とのことで、結構いるんですね。

厳しい世界なんですね。

こちら学校(リンク)?で・・7日間でなれるとのことで、今度探ってみます。

広告

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください