では、プロジェクトの作成へ

プロジェクトの作成

Android Studio のプロジェクトには複数のモジュールが含まれており、機能単位でコードが個別に分類されています。このページでは、新規プロジェクトを開始したり既存のプロジェクトをインポートしたりする方法について説明します。

はい。まずは新規プロジェクトにフォーカスしましょう。

 

新規プロジェクトの作成

Android Studio を使用すると、電話、タブレット、TV、Wear、Google Glass などのさまざまなフォームファクタ向けに Android アプリを開発できます。[New Project] ウィザードでアプリケーションのフォーム ファクタを選択すると、プロジェクトの開始に必要な項目をすべてプロジェクト構造に含めることができます。以下のステップを使用して、新規プロジェクトを作成します。

なる。

 

 

ステップ 1: プロジェクトの開始と設定

new-project-wizard-configure_2x

過去にプロジェクトを開いていない場合、Android Studio にオープニング画面が表示されます。新規プロジェクトを作成するには、[Start a New Android Studio project] をクリックします。

プロジェクトを開いたことがある場合は、Android Studio に開発環境が表示されます。新規プロジェクトを作成するには、[File] > [New] > [New Project] をクリックします。

次のウィンドウでは、アプリの名前、パッケージ名、プロジェクトの場所を設定できます。

OK。

 

 

ステップ 2: フォーム ファクタと API レベルを選択する

new-project-wizard-devices_2x

次のウィンドウでは、電話、タブレット、TV、Wear、Google Glass など、アプリでサポートされるフォーム ファクタを選択できます。選択したフォーム ファクタが、プロジェクト内のアプリ モジュールになります。各フォーム ファクタに対して、そのアプリの API レベルも選択できます。詳しい情報を見るには、[Help me choose] をクリックします。

[Android Platform Distribution] ウィンドウには、各バージョンの Android を搭載しているモバイル端末のシェアが示されます。API レベルをクリックすると、対応する Android バージョンで導入された機能一覧が表示されます。この情報を参考に、アプリに必要な機能がすべて含まれる最小 API レベルを選択することで、より多くの端末でアプリが使用可能になります。次に [OK] をクリックします。

無難なところを選んでいきましょう。

 

 

ステップ 3: アクティビティを追加する

new-project-wizard-add-activity_2x

アクティビティのタイプを選択して [Next] をクリックします。

 

 

ステップ 4: アクティビティを設定する

new-project-wizard-customize-activity_2x

ここでアクティビティの設定をして終わりです。

参照ページ: https://developer.android.com/studio/projects/create-project

 

では、次は早速Kotlinページの追加をしてアプリを作っていきましょう。

広告